YOSHINOYA HOLDINGS

IR基本方針

基本方針

当社では、東京証券取引所の定める『上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則(以下、「適時開示規則」という。)』に沿って、IR情報の適時開示を行っています。また、適時開示規則に該当しない情報についても、投資家の皆様のご要望にお応えするため、より正確・公平・迅速かつ広範な情報開示を行い、等身大の吉野家ホールディングスの理解に繋がる活動を行っていくことをIR基本方針としています。

情報開示の基準

「適時開示規則」の第2条、第3条、第4条により、投資判断に影響を及ぼす決定事項、発生事実、決算に関する情報等が発生した場合、東京証券取引所から照会があった場合、すでに開示した重要な会社情報の内容に重大な変更、中止等が行われた場合に適時開示を行っています。

情報の開示方法

「適時開示規則」に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する「TDnetデータベースサービス」に登録します。

このウェブサイトに掲載する情報は法令または証券取引所の規則により開示が求められている情報に関してはあくまでも補助的な開示手段であり、必ずしも報道機関等に対して発表された物と同一ではないことがあり、またすべての発表された情報がこのウェブサイトに掲載されているわけではありません。なお、ファイル形式その他ツール作成に当たって、都合上このウェブサイトへの掲載がTDnetにおける公開時期より遅れることもあります。

適時開示規則に該当しない情報を開示する場合も、このウェブサイトや各種メディアを通じて、できるだけ公平に当該情報が伝達されるよう配慮を行っております。したがって、当社の開示情報の確認をされたい場合にはこのウェブサイトとともにTDnet等他の情報も合わせて参照するようにしてください。

業績予想および将来の予想に関する事項

このウェブサイトに掲載されている情報の中には、当社の将来の戦略・見通し・見解等が含まれる場合がありますが、実際の業績は、当該時点における様々な環境変化等の外的要因により、これらの見通しとは大きく異なる結果となりうることをご承知おきください。

IRの沈黙期間

当社では、決算期末から決算発表までを「沈黙期間」として、当該決算情報に関連するコメントを控えさせていただくこともあります。