SRコミュニティ

第1回 「株主様との交流会~社長と語る会」 ご報告

個人株主の皆様と当社経営陣が直接対話するための場として、2018年11月に「株主様との交流会~社長と語る会」を初開催いたしました。株主様に当社事業へのご理解をより深めていただき、当社の経営に対する生のご意見をお伺いできる機会となりました。 その中で、2018年11月1日(木)に東京本社にて開催されました「社長と語る会」の内容を紹介します。

当社側出席者

代表取締役社長
河村泰貴
執行役員 ㈱吉野家常務取締役
大前雅英
執行役員 グループ法務室長
富谷 薫
グループ企画室 広報・IR担当部長
半田由里子

会社案内ビデオ上映 ~ 河村社長からのご報告

午前11時開会。出席者紹介の後、吉野家ホールディングスグループの概要と長期経営ビジョン「NEW BEGINNINGS 2025」をビデオ上映でご説明し、さらに河村社長より経営の現況と目指す方向性について、詳細に解説させていただきました。

事前ご質問への回答 ~ 歓談

今回ご参加の株主様よりあらかじめ承ったご質問に対し、河村社長を中心に当社側出席者より回答いたしました。そこから当社の商品をご試食いただきながらの歓談の中で質疑応答の流れとなり、和やかな雰囲気のうちにも株主様の強い関心がうかがえる活発なやりとりが行われました。

事前ご質問および質疑応答より (一部)

配当と株主優待に関する今後の方針は?
近年は遺憾ながら配当総額が最終利益を上回っており、剰余金の取り崩しにより安定配当を維持している状況であるため、当面は株主優待も含め、利益還元に関する変更を行わない考えでおります。
吉野家のキャッチコピー「うまい、やすい、はやい」はもう使わないのか?
以前に比べると、情報発信において「うまい、やすい、はやい」の使用は減っていますが、当社グループの原点として今も根付いています。しかしこの3年間は、長期ビジョンに基づく社員の意識改革を進める観点から、吉野家社内では「パワープレイ」をキーワードに掲げ、これまでよりも視点を拡げた発信を行っています。
LGBTやプラスチックごみなど、最近の社会課題への対応は?
LGBT対応については、現時点では特段社内に向けてメッセージを出していませんが、「コンプライアンスガイド」を作成し、これをもとにハラスメントなどに関する啓蒙を進めるなど、社員が不利益を受けない職場づくりに取り組んでいます。プラスチックごみについては、当社グループにおけるプラスチック使用量が少ないため、今のところ対応を実施していません。環境保全において大切なのは、取り組みの継続であると考えており、常に「コスト」というものさしを当てながら対応してまいります。

河村社長より閉会ご挨拶 ~ アンケート

13時の終了予定時間を迎え、河村社長よりご出席いただいた株主様への御礼を申し上げ、閉会の辞といたしました。なお株主様には、その場でアンケートへのご記入をお願いし、今回の開催内容へのご意見や今後についてのご要望を承りました。

河村社長よりご出席の株主様へ

本日は長時間にわたる交流会にご参加いただき、誠にありがとうございました。株主総会以外で初めて個人株主様に接する場として、大変有意義なご意見・ご要望を直接伺うことができました。私どもが取り組む株主様とのコミュニケーションづくりは、まだまだ模索中でありますが、引き続きこうした交流会の機会も含め、施策を充実してまいります。

ご出席の株主様のアンケートより (一部)

  • 説明の内容が分かりやすく、よく理解できました。
  • 今後の株主交流会は、休日の開催もご検討ください。
  • 少人数による交流会で、よい試みだと思いました。
  • 質疑応答の時間がもう少し欲しいと感じました。
  • 河村社長の生の声を聞き、人となりを知ることができた。

次年度以降も、全国各地にて株主様との交流会を計画しております。詳細につきましては決定次第、こちらのSRコミュニティ上にて発表させていただきます。多数の株主様の応募をお待ちしております。


SRコミュニティ トップに戻る