Building a Sustainable Supply Chain / お取引先様との共創による持続可能なサプライチェーンの構築

お取引先様とともに環境・社会に配慮した責任ある調達を行うことで、持続可能なサプライチェーンを実現します。

社会課題・世の中のニーズ

農作物の生産を起点とする「食」のサプライチェーンは、近年、気候変動や国家間の紛争、感染症などの影響を大きく受け、安定供給をいかに担保するかが問われています。また、環境負荷の低減や不法労働・人権侵害など社会問題への対応においても、サプライチェーン全体で取り組む姿勢が求められています。当社グループは、お取引先様とともにこうした要請に応え、「食」の安定供給を支えます。

機会

  • 環境・社会課題への対応を通じて共創先企業の信用を醸成
  • 持続可能なサプライチェーンが生み出す企業価値
  • 環境負荷の低い商品開発による顧客ニーズの獲得

リスク

  • 食材価格の高騰や供給逼迫による安定調達の停滞
  • 人権侵害などの発生が招くブランド毀損や顧客離れ
  • 異常気象や災害によるサプライチェーン上の各工程への悪影響

短・中期的な施策

  • 原価低減の提案・実現
  • 海外原料供給体制のカントリーリスクヘッジ
  • 店舗負荷低減包材の提案・導入
  • 環境課題への対応(再生資源活用、食材ロス低減)

お取引先様との共創

食材調達におけるサステナビリティ

当社グループでは、自社工場の製造工程で発生する端材を廃棄せず、食肉はハンバーグ原料として外部販売し、玉ねぎは社内でソース原料に使用しています。野菜の外葉は、飼料として動物園に提供しています。

物流面では、お取引先様の協力を得て、食材輸送にコンテナや通い箱を使用し、段ボールの使用量を減らしているほか、適正ロットでの納品によりフードロスを削減し、物流効率を高め、エネルギー使用量を低減しています。

また吉野家では、牛丼の調理過程で発生する牛脂を各店舗から回収し、飼料や製品原料、発電原料などに再利用する100%リサイクルを行っています。

一方、サプライチェーンにかかわるガバナンス面の対応では、お取引先様との関係において、中国のウイグル族弾圧問題に見られる人権侵害や不法労働が行われていないか、年1回の工場査察を実施し、状況を確認しています。今までにそうした問題は起きていませんが、これが確認された場合は、取引を停止します。

  • 通い箱を使用した物流の様子

コロナ禍と原材料価格高騰への対応

長引くコロナ禍は、食材調達にも影響を及ぼし、現地工場の人員不足やコンテナ輸送の逼迫など、さまざまな問題が発生しています。商品部では、各食材のポジションをあらためて整理し、現地工場の稼働状況などを逐一確認しつつ、製造中止や入船遅延といった不測の事態に備え、国内製造および国内在庫量の調整も行っています。

そうした中で重要なのは、やはりお取引先様との信頼関係です。当社グループへの優先対応にもつながる確固たるパートナーシップを築くべく、連携を強めていきます。

また近年の原材料価格高騰については、需給バランスの悪化が続く中で、日本が世界的に買い負けている状況があり、安定した価格での調達を維持することが困難になってきています。今後は、代替品や新規食材・部位などの検証、配合変更などの提案も進めながら、各バイヤーが価格の抑制に向けた努力を継続していきます。

調達方針

持続可能なサプライチェーンの構築に取り組むため、以下の方針に則り安全な調達を行うとともに、この方針の理解と実践をお取引先・従業員へ働きかけてまいります。

  • 当社品質管理基準を遵守した「安全」な食材調達
  • お取引先様、当社双方が適正な利潤を得られる良好な関係性の構築
  • 当社従業員による生産者とのコミュニケーションを通じた品質・安全性の向上